100人100色の旅心、真ごころもってお手伝い

ご挨拶

私が大手旅行会社の添乗員アルバイトに応募したのは、昭和50年(1975年)のことです。そしてその3年後には、念願の一般旅行業登録の老舗旅行会社へ就職。当時まだ飛行機は、国内、国際線ともに羽田空港から発着していて、テレビでは「兼高かおる世界の旅」や、長寿番組となった「遠くへ行きたい」が旅の人気番組でした。また旧国鉄の「ディスカバー・ジャパン」「いい日旅立ち」といった旅行キャンペーンや、「アンノン族」なるおしゃれな旅人の代名詞も生まれるなど、あの時代の旅行業は、旅の水先案内人としてサービス業の花形でした。

しかしながらジャンボジェットが誕生した頃から、供給過剰座席の消化やインターネットの普及などで、旅行商品は安売り競争となります。私もそうした格安航空券の販売や、格安パッケージツアーを造成・販売していましたが、その後、旅行業が時代とともに変化していくなかで、お客様との距離感や、縁(えにし)などが希薄になってしまったと感じるようになり、本来の旅行サービス業を主な仕事にしたいと強く願うようになりました。

平成15年(2003年)8月。ご用命をいただいている皆様の応援に支えられ、横浜市青葉区市が尾町に会社を設立。以来、地域の皆さまに愛され、ご信頼をいただけるような、理想の旅行会社をめざして日々歩んでまいりました。お客様からは「気がるに相談ができる」。スタッフからは「毎日の仕事が楽しい」と言ってもらえるような、子供の頃の駄菓子屋のような旅行会社でありたいと思っています。これからも皆様との絆を大切にし、常により良い旅のお手伝いに精進してまいります。どうぞトラベルカイトの更なる今後にご期待ください。

取締役社長 飯田典嗣